面接時の注意点

アルバイトや転職における面接は、履歴書や職務経歴書で書かれたことを確認すると同時に、応募者の人間性も判断され、採用の可否が左右される重要な場となります。
どんなに魅力的な履歴書や職務経歴書を作っても、書類だけで採用が決まるケースは滅多にありません。
また、面接は採用担当者が応募者を知るための時間だけではなく、応募者にとっても会社のイメージや方向性を知る大切な機会です。
面接時に注意すべき点を事前に抑え、落ち着いて面接に臨めるようにしましょう。

面接の基本的なマナー

面接は会社に訪問した時からスタートしています。
人の第一印象は、初対面から数分で決まってしまい、その後もずっと相手のイメージに大きな影響を与え続けます。
面接において基本的なマナーがしっかり身についていることは、第一印象をアップさせ面接を成功に導く第一歩となります。
【時間は厳守】
面接の時間に遅刻は許されません。
事前に会社へのアクセス方法と所要時間を確認し、遅くとも5分前には到着しているようにします。
万一、交通機関の乱れで遅れてしまう場合には、できるだけ早いタイミングで電話連絡を入れるようにしましょう。
早く到着してしまっても、面接時間のあまりにも前に訪問することはルール違反です。面接時間の2、3分前に訪問し、決められた時間ぴったりに面接をスタートさせることができるように心がけましょう。
【身だしなみ】
見た目は第一印象に残りやすいので、とても重要になります。
中でも大切なのが、髪型や服装の清潔感です。
特に面接では、応募者が不潔でだらしない格好で来た場合、それだけで印象がガクッと悪くなってしまいます。
ラフな格好でも構わないといわれていても、よれよれのシャツにシミのついたパンツ、埃まみれの靴などといった服装では、決して仕事ができそうなイメージにはつながりません。
また、服装だけでなく、髪型やメイクについても華美すぎず、清潔感を感じさせることが大切です。
会社や業種によっては服装規定があるので、事前にある程度調べておきましょう。
女性は、アパレル業などでない限り、面接のときには大ぶりのアクセサリーや派手なネイルは控えるようにしましょう。
【挨拶はしっかりと】
面接場所に到着したら、受付の人に、採用担当者に面接してもらいに来たということを伝えます。
受付の人に伝える場合もあれば、専用の内線電話だったり、アルバイトの面接であればそのお店で最初に応対してくれる従業員だったりというケースもあります。いずれの場合も、正しい敬語で丁寧な挨拶をしましょう。
目を見て、ハキハキと適度なボリュームの声で挨拶や受け答えができることは、コミュニケーション能力を見る一つの判断基準ともなります。
入室時はもちろん、退室時に面接の時間をもらったことに対するお礼の挨拶も忘れないように気を付けましょう。
【持ち物のマナー】
まず、携帯電話やスマートフォンは電源をオフにし、カバンの中にしまっておきましょう。
携帯電話やスマートフォンは、たとえマナーモードにしたとしても、静かな面接の場所ではバイブ音が響いてしまうものです。
また、手帳やノート、ペンなどの筆記用具を用意しておきます。
質問への回答や仕事内容の説明など、採用後に仕事をする上で重要な点は、メモを取る必要があります。
面接開始前にメモをとっても構わないか採用担当者に許可を得たうえで、手元にあらかじめ筆記用具を準備しておきましょう。筆記用具はシンプルなデザインのものを選びます。
服装面の注意もあります。寒い時期の面接であれば、コートを着たまま入室することはNGです。
会社に入る前にコートを脱ぎ、手に持って訪問しましょう。
面接時には、コートはたたんでカバンの上に置くようにします。コートもカバンも机や椅子の上に置かず、椅子の横に置きましょう。
ほかにも、面接時に会社案内のパンフレットをもらう場合もあります。
カバンは、A4サイズの書類が入る大きさのビジネスバッグを持参するようにしましょう。

自己アピールの注意点

『職務経験とスキル』
【転職の場合】
採用担当者が知りたいのは、これまでの経験や持ち合わせたスキルが、自社でどのように活かせるのかということです。
独りよがりのアピールではなく、募集内容に沿って自分の経験やスキルが会社で活かせることをアピールしましょう。
これまで経験した業務内容とそこで得たスキルや具体的な成果を、入社したらどのように活かせるのか結び付けて説明できるようにしましょう。
【アルバイトの場合】
仕事に生かせるスキルや即戦力となりそうな職務経験がある場合、面接でそれらをアピールすることで、採用担当者に「即戦力として活躍してくれそうだな」と有利に印象付けることができます。
この時、「できます」と言い切るのではなく、「~の経験があるので、~が得意です」「~が大好きです」といった、やや控えめの言い回しにすると良いでしょう。
『退職理由と志望動機』
前職を退職した理由を一つ一つ細かく説明しても、それは採用担当者にとっては前職での愚痴にしか聞こえない上に、不平不満の多いネガティブな人物という印象を与えてしまいます。
自分の考えを整理し、なぜ退職を考えたのか、核となる理由を明確にしておきましょう。
そして、志望動機では、前職で感じた不満や不安を新しい会社では解消できる可能性が高いこと、それが自分のステップアップにもつながることをアピールしましょう。
退職というネガティブな出来事をポジティブな志望動機につなげ、自分が新しい会社で活躍するという具体的なイメージを採用担当者と共有できるかどうかも、採用の可否につながります。
【アルバイトの場合】
志望動機は、「時給がいいから」といった条件だけでなく、「なぜその仕事やお店に興味を持ったのか」を具体的に説明できるものがいいでしょう。
条件面だけアピールするのは、業種や求人によってはマイナスイメージにつながることがあります。
また、志望動機を自分の特技や好きなこと、経験と結び付けて話すのも好印象を与えます。
前のバイトの退職理由については、バイト先の人間関係等を理由にするのではなく、「引っ越ししたため」「家族の介護をしなくてはならなかったため」など、やむを得ない事情を簡潔に話す程度にとどめておいた方が良いでしょう。
アルバイト経験が何もない場合は、「早く仕事を覚えられるように頑張ります」と、自分の意欲をアピールするといいでしょう。

会員ログイン

おしごとコラムヒトが見える、シゴトが見える

私の好きなヨコハマ!
求人担当者が好きなヨコハマをご紹介

    辛いラーメンが好きなのでよく片倉町や仲町台にあるお店に…
    『クーバー・フットボールパーク 横浜ジョイナス』スタッ…
    店頭で豆も買えます。私のお店でもここで購入したコーヒー…
    仕事と同じくらい筋トレが大好きです(笑)多い時には午前中…
    店の前を通るだけで店内で焙煎した香りが漂い、店内に入る…
    私の好きなヨコハマ!は「コストコ」です!良い商品が安く…
    私の好きなヨコハマは「根岸森林公園」です。昔の競馬場が…
私の好きなヨコハマ
プライバシーマーク