• ホーム
  • 履歴書と職務経歴書の書き方

履歴書と職務経歴書の書き方

アルバイトでも転職でも、履歴書の応募は必須です。
履歴書は採用において真っ先に応募者のことを知れる書類になるので、いわば応募者の顔と言ってもいいでしょう。
さらに、履歴書に加え、職務経歴書の提出が必要になることがあります。
アルバイトでも、経験者優遇のアルバイト募集では、職務経歴書の提出が採用に有利にはたらくことがあります。

履歴書の書き方

【手書きかパソコンか】
特に応募先からの指定がない場合は、パソコンで入力したものを使っても問題ありません。ただし、履歴書のフォームはオリジナルで作成したものではなく、インターネット上でダウンロードできるものを利用した方が無難です。
パソコン入力の場合、保存しておけば複数応募した際、一から作る手間が省けるのがメリットです。志望動機欄などは必ず応募先の企業に合わせた内容に変更しましょう。
また、手書きの履歴書を好む担当者がいることも事実です。
手書き・パソコンどちらでもよろしいですが、手書きで履歴書を書く際は、文字に人柄がでますので丁寧に読みやすい字で書きましょう。
【基本的な履歴書のルール】
<生年月日>
生年月日は、西暦か和暦を記載し、その後に続く学歴や職歴、資格取得年月なども年号を統一して書くようにします。
<学歴>
中学校の卒業から書くのが一般的です。高校以降は入学年次も必ず記載します。「同校」などと略すのはNGです。大学や専門学校の場合を卒業した場合は、学部や学科、コースも記載します。
<職歴>
古いものから順に記載していきます。会社名は略さずに正式名称で記載し、配属先の部署名も記載します。原則としてすべての入社・退社歴を記入しましょう。最後に右下に「以上」と書くのを忘れずに。
アルバイトの応募の際は、これまでのアルバイト経験を記入してもOKです。
<免許・資格欄>
取得している免許や資格を正式名称で記載します。多数の資格を所有している場合は、業務と関係が強いものを優先して記載します。
<志望動機欄>
採用担当者が最も重視する部分です。どのようなところに魅力を感じ、自分の経験やスキルがどのように活かせるのかを具体的にイメージできるように記載することが大切です。
<特技・趣味>
面接時に話題になる場合もあります。空欄にはせず、必ず記載するようにしましょう。仕事にどう活かせるかということも書けると好印象です。
この項目に限らず、履歴書には空欄の部分が無いように、すべての欄を埋めるようにしてください。
【履歴書のNG事項】
鉛筆やシャープペンシルで書かれた手書きの履歴書はルール違反となります。黒いボールペンや細字のペンを使うようにしましょう。また、書き間違えた時に、修正液や修正ペンを使用してはいけません。初めから書き直すようにしてください。ほかにも、履歴書をコピー・複製して使用するのもNGです。一枚ずつ書いたり、プリントアウトしたりするようにしましょう。
【写真の選び方】
履歴書既定のサイズに合うもので、スナップ写真を切り取ったものではなく、証明写真として撮影したものを使用します。服装や髪型は清潔感を感じさせるものとし、明るい表情で写っているものを選びましょう。万が一はがれてしまった時のために、写真の裏側にはフルネームを記載しておくのもオススメです。
【履歴書サンプル】

職務経歴書の書き方

特に転職では、ポテンシャル採用の就職に比べてそれまでの経験が重要視されることが多く、どのような経験を積み、それがどのように活かされるのかを採用担当者にアピールすることが重要になります。
履歴書と違い、職務経歴書は決まったフォーマットがあるわけではありませんので、自分の経験と成果、スキルをわかりやすく採用担当者に伝える内容を作らなければいけません。
また、職務経歴書は長ければ良いものでもなく、A4用紙2枚程度のボリュームにまとめるくらいの量が無難です。
職務経歴書はパソコンを利用して作成するのが一般的です。レイアウト等も工夫して、丁寧に作成しましょう。
【経験内容の要約】
これまでの経験で何をしてきたのかが採用担当者に伝わるように、簡単に自分の経歴をまとめた内容を記載します。また、自分にはどのような強みがあるのかが伝わるよう意識して作成しましょう。
【企業情報】
会社名、在籍期間、業種、資本金、売上高、従業員数などの企業情報を記載します。会社名だけでは企業規模や業種が分からない場合もあるため、採用担当者にとっては必要な情報になります。
【職歴と経験業務】
配属部署、配属期間、役職、経験業務内容、在籍期間の成果をわかりやすく記載します。応募する業務内容に活かせるものについては、重点的により具体的に書きましょう。
また、成果についても数字で表せるものは数字を用いるなど具体的な内容を記載した方が採用担当者への印象も強くなります。
【職歴の書き方①時系列方式】
経験職種を時系列に沿って記載する方式です。
経験した順に書いていく場合と、新しい経験から書いていく二通りの方法がありますが、直近の業務内容が応募する業務に活かせるのであれば、現在の経験から先に記載することで、職務経験を強調することができます。
【職歴の書き方②キャリア方式】
職務経歴を経験職種やプロジェクト単位でまとめる書き方です。
これは、経験内容が多い場合や専門性の強い技術職の場合、転職回数が多い場合などに向いている記載方式です。
経験職種やプロジェクトごとに職歴をまとめ、その業務を行っていた期間、具体的な業務内容を記載していきます。応募する業務に近い内容から先に記載することで、採用担当者に経験をアピールすることができます。
【活かせる資格・スキル】
語学や業務に活かせる資格を記載します。
また、パソコンのスキルも具体的なソフト名とどの程度までの使用経験があるのかを記載します。
特にIT関連の職種の場合には、使用していた開発言語や開発環境も具体的に書くことで、採用担当者へのアピールにつながります。
【自己PR】
採用後の目標や、自分を採用することにどのようなメリットがあるかを記入します。
自分の強みや経験と応募先の会社が求める経験やスキルが合致することをアピールしましょう。
志望動機も絡めれば、応募に対する熱意も担当者に伝わりやすくなります。

会員ログイン

おしごとコラムヒトが見える、シゴトが見える

私の好きなヨコハマ!
求人担当者が好きなヨコハマをご紹介

    店頭で豆も買えます。私のお店でもここで購入したコーヒー…
    わたしの好きなヨコハマは本牧にあるムーンカフェ♪アメリ…
    辛いラーメンが好きなのでよく片倉町や仲町台にあるお店に…
    私の好きなヨコハマは「根岸森林公園」です。昔の競馬場が…
私の好きなヨコハマ
プライバシーマーク